頻度が高いトイレのつまり

トイレの水回りのトラブルとしては、タンクや水道管、その他正確な場所の特定が難しい箇所からの水漏れや、排水口からの異臭、更にはレバーや水道栓の故障などが挙げられますが、中でも最も厄介なのが、自己復旧不可能なトイレのつまりです。特に異物を誤って流してしまった訳でも無く、突然発生するこの状況の原因としては、中長期的な継続使用を通じ、外部からは目視確認出来ない箇所に、人間の身体に例えれば血管内部の「瘤」らしき症状が生じ、排水管内部を塞いでしまっている、その他排水管の劣化から何らかの不具合が生じているなど、幾つものケースが見られます。焦って繰り返し複数の我流の対処法を試みる判断は危険で、結果より状況を悪化させるリスクのみならず、それに伴う復旧に要する費用面も膨らんでしまう可能性が否めません。

こうした状況下、私達が入手可能な市販の器具と乏しい関連知識だけでは復旧が難しく、専用の器具を用いた専門スタッフの対応が欠かせません。1度は自力復旧を当然試みねばなりませんが、事態が好転しない、あるいは更なる悪化が懸念されると判断した場合には、速やかに緊急対応してもらえる専門業者にまずは電話連絡から現状を伝え、正しい応急処置法を仰ぐ判断が求められます。焦って繰り返し複数の我流の対処法を試みる判断は危険です。