専門業者に対応依頼を

トイレのつまりを含むトラブルの根本的解決に際しては、専門業者への復旧依頼が最も確実ですが、ここで重要なのが依頼先の選択です。旧知あるいは懇意にしている工務店などへの「義理」に重きを置いての相談も1つの選択肢ですが、迅速な対応という点で不安が否めません。あくまで設置もしくは撤去工事の専門業者で、現状のままのトラブル解決に関する経験値を有しているとは限らず、更に必要な器具やパーツを保有していない場合、更に外部の他の業者を利用せざるを得ません。結果長時間を要した上に費用面もアップが避けられず、その間は不自由な日常生活が続いてしまいます。

対してトイレを含む水回りトラブルの解決に特化した専門業者であれば、24時間365日いつでも緊急対応をしてもらえます。現地調査から見積もりを含めた出張費用自体が無料など、エンドユーザーである私達にとって見過ごせぬメリットの活用が叶います。発生のタイミングを選ばぬトイレのトラブルに対応すべく、緊急連絡先をトイレ内に掲示しておく、家族間で情報共有しておくなどの準備がお薦めです、またトイレつまりの専門業者とのパイプを構築しておけば、トイレ以外の水回りのトラブルに関しても、相談から対処以来に窮する事はありません。窓口を一本化しておくメリットも含め、まずは専門業者へ迷わず対応を依頼してみる判断が大切です。

頻度が高いトイレのつまり

トイレの水回りのトラブルとしては、タンクや水道管、その他正確な場所の特定が難しい箇所からの水漏れや、排水口からの異臭、更にはレバーや水道栓の故障などが挙げられますが、中でも最も厄介なのが、自己復旧不可能なトイレのつまりです。特に異物を誤って流してしまった訳でも無く、突然発生するこの状況の原因としては、中長期的な継続使用を通じ、外部からは目視確認出来ない箇所に、人間の身体に例えれば血管内部の「瘤」らしき症状が生じ、排水管内部を塞いでしまっている、その他排水管の劣化から何らかの不具合が生じているなど、幾つものケースが見られます。焦って繰り返し複数の我流の対処法を試みる判断は危険で、結果より状況を悪化させるリスクのみならず、それに伴う復旧に要する費用面も膨らんでしまう可能性が否めません。

こうした状況下、私達が入手可能な市販の器具と乏しい関連知識だけでは復旧が難しく、専用の器具を用いた専門スタッフの対応が欠かせません。1度は自力復旧を当然試みねばなりませんが、事態が好転しない、あるいは更なる悪化が懸念されると判断した場合には、速やかに緊急対応してもらえる専門業者にまずは電話連絡から現状を伝え、正しい応急処置法を仰ぐ判断が求められます。焦って繰り返し複数の我流の対処法を試みる判断は危険です。

想定されるトラブル

水回りのトラブルと言えばまず思い浮かべるのが、台所。風呂場、そしてトイレなど、毎日欠かさず使用からその頻度も高い施設でしょう。その内容も蛇口その他からの水漏れから、排水口から立ち上る異臭などさまざまです。上水道の水漏れであれば、まずは元栓を閉じる事で一時的な対処が可能ですが、排水管のトラブルの場合は十分な自力対処が難しいケースが大半です。

そうした中でもトイレのつまりは代表的なトラブルであり、市販の器具を用いた結果、改善どころかより理解不能な状況に及んでしまう展開も少なくありません。何より自宅のトイレが使用不可となれば、日常生活に多大なる支障が避けられず、一刻も早い専門業者による対応が求められます。

こうしたトイレのトラブルに際しては、日頃から少し注意を払っていれば、その兆候が察知出来ます。何となく水を流した後に排水管内から聞こえて来る音に違和感を覚える、一時的に便器内の水面が妙に浮上してから流れ落ちて行くなど、いずれも危険な状態を知らせています。トラブル発生となる前の段階で、出張対応の専門業者の中には、現状確認から見積もり段階までは基本無料の業者も見られますので、こうしたサービスを活用するのもトラブル防止に効果的です。

水回りに潜むリスク

私達の自宅あるいは職場に於ける、水回り施設のトラブルは予期せず突然生じる傾向が顕著です。とりわけ管理責任を有する店舗や施設、すなわち来訪客が使用するシステムのトラブルは、施設利用面の不自由のみならず、管理者側としての責任を問われる展開が避けられず、可能な限り事前回避に努める姿勢が欠かせません。それでも経年劣化や予期せぬ不具合が偶然重なり合うリスクをゼロに抑える事は叶いません。だからこそ日常的に十分な注意を払いつつ、有事にどのような対処を為すべきなのか、十分なシミュレーション作業を通じての準備が欠かせません。

そして数あるトラブルの中でも、一刻も早い専門業者の対応が欠かせないのがトイレのトラブルです。中には突然深刻な状況と化すケースも見られますが、多くの場合は何らかの兆候が生じており、それを管理使用者側が見過ごしている、あるいは重要と捉えず放置から継続使用した結果、限界点を超えてトラブルに至る展開が少なくありません。

何らかの不具合をキッカケに不安を覚えた場合には、早い段階で然るべき専門業者に現状確認を依頼する事で、甚大なトラブルが招くリスクを大幅に軽減出来る事実は見過ごせません。ここでは以下、トイレのつまりに視線を合わせ、実際に生じてしまった際に取るべき対応と、水回り施設全般に潜むリスクに関する、備えておくべき基礎知識をご紹介します。とりわけお客様が利用されるトイレ施設を管理されている方々には、ぜひご確認いただきたい内容をお届けします。